G'ZOX

リアルガラスコート艶プラスの特徴

耐候性:ツヤ紫外線・酸性雨等、環境の悪影響からボディを守ります。
防汚性:汚れが固着しないので、水洗いでカンタンに流れ落ちます。
接着性:塗装と強く密着し、長期間コーティング性能をキープします。
耐熱性:高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。
耐薬品性:排気ガス等に含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。
硬質:強く硬い被膜が、チリ・ホコリ等によるキズ付きを防止します。
光沢:ガラス状被膜ならではのキラめくように美しい輝きを演出します。
ツヤ:厚く透明な被膜で息を飲むように深く質感のある艶を実現します。

今までにない撥水性能

お客さまがガラスコーティングを比較すべきポイントとして、成分が有機溶剤か無機溶剤かが上げられます。 ワックスやポリマー、ガラス系を含む出回っているほとんどのコーティングは有機系溶剤を塗り込む方法の撥水コーティングです。 無機ガラスコーティングと比較すると紫外線や酸性雨などによる劣化の早さは避けられません。 クォーツガラスコーティングはポリシラザンという無機溶剤をコーティングすることで 空気中の水分と化学反応を起こし劣化の少ない無機質の石英ガラス(SiO2)の膜に変化します。 塗装表面をガラス膜で覆うことにより水を弾かない弱親水性ボディに変化させ、 ウォータースポットや水玉に巻き込む汚れがつきにくくなります。 付着した汚れは水洗いだけで落としやすくなり、ガラス膜は紫外線劣化がなく、酸にも強いので圧倒的な耐久力も特徴となっています。

高温にも強い耐久性

リアルガラスコート艶プラス【ガラス系被膜】
油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。 酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減。
従来のコーティング【樹脂系被膜】は高温時に汚れが被膜内に入り込む 油性の汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため汚れも寄せ付けます。 このため、ボディーに付着した水滴などに埃などの汚れが含まれ、乾燥後にボディーに汚れが残留してしまいます。 高温になると被膜が軟化し、汚れを被膜内に抱きこみ、汚れが落ちにくくなる。
 

テストデータ

耐久性の高いリアルガラスコート艶プラスは、1年後も光沢維持率にほとんど変化は見られません。